iWAMとは

認識に違いをあらわす

同じ場にいて、同じ体験をしたのに覚えている物が違う。感じた事が違う。これは認識スタイルの違いで起こっています。

認識スタイルとは、無意識のうちに働き、認識の仕方に影響を与えます。そして、人の行動・考え方・感じ方を左右するフィルターのようなものです。

  • 認識スタイルは、その人がよく使う言葉にあらわれます。
  • 同じ人でも、職場・家庭・遊び・勉強など、状況によって認識スタイルは変わります。
  • 認識スタイルは、その人の性格や人間性をあらわすものではありません。
  • 認識スタイルの特徴は。良い・悪いで判断するものではありません。

ロバート・J・スタンバーグ博士が提唱した
『社会での成功にはIQよりも能力の好みである「思考スタイル」の影響が大きい』と重なるため、
思考スタイルということもあります。

 

認識スタイルを診断・特定

iWAMは仕事に関係があり、かつウェブテストでの診断で妥当性が高い48種類の認識スタイルのことです。

iWAM(inventory for Work Attitude and Motivation)・・・職場における行動特性と動機付けに影響を与える要素。

iWAMはベルギーのjobEQ社のパトリック・メルレベーデによって、認識スタイルの研究をベースに開発されました。

そして、人が職場で無意識に使う「言葉」を分析し、コンピューターによって48の認識スタイルを割り出す診断テストを作りました。

 

個人のiWAM特性はiWAM診断テストで特定できます。

特定されたiWAMはレポートとして手に取って、ご覧頂くことができます。

 

iWAMを可視化することで

  1. 職場における動機付けの特徴や能力の使い方の好みを理解し、行動特性を予想することが可能
  2. 職場でいつも意識していてモチベーションが上がるスタイルや、
    通常意識していないスタイルを可視化することで、自分の言動を意識的に選択することが可能
  3. 人の違いが多様性を受容し、自他共に才能を活かすサポートが容易になる

 

iWAM診断を受けるには

認定を受けたiWAMマスターからiWAMプラグラムの提供を受けることで診断ができます。

また、お試し用の無料の診断プログラムも用意しています。
下記よりメールアドレスをご登録していただければ、無料診断の手順をご連絡致します。