世界一孤独なクジラ「52」

世界一大きな哺乳類であるクジラ。クジラは特定の周波数を使った鳴き声で、
遠く離れた仲間ともコミュニケーションを取っている事はよく知られていますね。

そんなクジラの中で『世界一孤独な』クジラが居ます。
この世界一孤独なクジラは、他のクジラ達の鳴き声と大きく異なる周波数で歌うため、
仲間達の応答が無い。と言われています。
鳴き声が確認されて25年間、1人で歌い続けているクジラがいます。

なぜ、仲間が反応できない周波数で歌い続けているのか?
理由はまだわかっていませんが、
仲間達の声15~25Hzとは大きく異なる52Hzの鳴き声は
仲間からはコミュニケーションとは受け取ってもらえないみたいです。

できていますか?『響く言葉』でコミュニケーション

冒頭の孤独なクジラは周波数から”52”と名付けられました。
この52が何かを伝えようと歌っても、
仲間達は「何かを言ってるみたいだけど…わからないな」となります。

あなたの周りでこんな事起きていませんか?
・仕事の目標を伝えてもやる気が出ていないメンバー
・細かすぎる情報の伝達
・反対に情報が少なすぎる伝達
・手順を作れない
・手順があっても従えない

これらは、言動の特性が違う事で良く起こる事です。
多くの人は自分の言動以外を知らないためにこのような事が起こります。

しかし、この状況が続くと
・何度も同じ事を言い続ける
・「こんな事くらい」自分で判断できないの?
・仕事に合わないと判断する

技術・スキルはある人材を手放す事になったり、
相手のモチベーションを削り、能力を発揮する機会を奪うことになります。

自分と相手の言動特性を知り、変える事ができます

あなたはクジラ「52」のように、
響かない音を出し続ける事もできます。

そうではなく、
相手の周波数に合わせて、響く言葉に変える事もできます。


あなたがどんな『言葉』を発しているのか?
どんな『言葉』の時、相手の反応が違うのか?
その『言葉』をどのように変えると効果がありそうなのか?

知る事が出来るのがiWAMプログラムです。

iWAMは仕事の場における言動の特性を表しています。
iWAMの診断結果の組み合わせは 79億×1兆パターンです。
iWAMの診断結果は全て可視化され、標準グループとの違いや、所属グループとの違いも測定できます。

自分では細かく作った報告書になぜいつも「もっと情報を入れて」と指摘されるのか?
その理由もiWAMで可視化されます。