コミュニケーションを上手くするための1つのポイント

コミュニケーションを上手く進めるために、
いくつもの書籍が出版され、セミナーも数多く開催されていますね。
これだけあればコミュニケーションスキルなんかは知らない人は居ないんじゃないか?と思うのですが、
相変わらず残念なコミュニケーションは続いています。
そして、残念なコミュニケーションをしている人はスキルや、やり方などの手段は『知っている』事が多いです。

その様な手段を知らなくても、コミュニケーションの結果を変えるポイントをお伝えしようと思います。

あなたが思った事が100%伝わることはない

これだけ知っていて、意識してください。
それだけであなたのコミュニケーションは変化するでしょうし、その結果も良くなると言えます。

「伝えるためにスキル云々を学んでいるのでは?」と思っているでしょう。
確かにコミュニケーション・スキルは伝えるために存在します。しかしスキルを使えば伝わるという訳ではありません。
少しでも正しく伝えるためにスキルは存在します。

コミュニケーションスキルを使えば簡単に伝わるのであれば、こんなにも多くの書籍やセミナーがでる事はなかったでしょう。
セミナー講師やトレーナーをやっている方はたくさん勉強をしています。
そして、その講師・トレーナーの多くはこのことを理解しています。

「コミュニケーションの事を知れば知るほど、伝えたい事が100%伝わるのは奇跡」と話をしたこともあります。

ではどうしましょうか?

仕事の場面でこんな事ありますよね。

あなたが言った事を相手は頷いて聞いている。
「わかった?」
「はい!」
問いかけに少し食い気味で力強い返事が返ってくる。
大丈夫だろうと安心して任せる。数日後にもう一度同じ事を言うまでは。

あなたが聞く側になるパターンもありますよね。
『こういう事だな・・・』と想像しながら聞いて、「わかりました」と答える。
成果報告に行くと「何を聞いていたの?」と言われてしまうパターン。

これらは、伝わっているという楽観的思考によっておこった出来事です。

この様な場面で『正しく伝わることはない』という意識があったとしたらどうでしょうか?
「わかった?」「はい!」で済ませるでしょうか?
自分が想像できて良しとしてしまうでしょうか?

あなたなら何を変えますか?何を加えますか?

Related post

  1. 誤字・脱字を繰り返すと・・・・・・

  2. こんなところに齟齬が

  3. 一人で? or みんなで?

  4. 彼を知り己を知れば百戦殆うからず

  5. コミュニケーションに自信が持てません

  6. Don’t think,    feel!

  7. なんのためにそれをやるのか?

  8. メラビアンの法則の誤解

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

スポンサーリンク

最近の記事

アーカイブページ

スポンサーリンク