「好き」を仕事にすることはできないのか?

まだまだ、吉本興業の関係で書き始めます。

昼のワイドショーで誰かが言ってたのですが、
「参院選の結果よりも、吉本の会見ニュースの時間が長いのは世間の関心が強いのがこっちなんでしょうね」
政治や改憲よりも、エンタメ企業の会見の方が関心強いって・・・平和だね。

宮迫さんと田村さんが会見を強行した日に、ビートたけしさんがこんな事言ったらしいです。

こういう姿を見せた芸人を見て、誰が見て笑うんだってなる。だからこれをやってくれるなと思うわけ。
芸事は、そういうことを全部忘れて明るく笑わせることが芸。それをやらせてしまう事務所がおかしいって

これ聞いて思ったのです。
『人生のどの部分を切っても、人を楽しませることで出来ている人の発言だなぁ』と

仕事が好きであり、好きなことを仕事にしているとやっぱり成果でますよね。
今回は”好きなことを仕事にできないのか”についてお話していきます。

「好き」な事についての誤解

”好きなことを仕事にする”って言うと、
「仕事はそんなに楽なもんじゃない!」なんて言う人が必ず出ます。

なんで「好き」=「楽しい」「楽」なんだろうね。

”楽だから好き”な仕事、”楽しいから好き”な仕事は長続きしないし、
結果もそんなに出ない事が多いから選ばない方が良いと思う。

ここで言う「好き」は
他の何を捨ててでもこれを取る。
自分の人生はこの「好き」な事をするためにある。

そこまで言い切れるものを言っているよ。

芸人さんの「好き」なこと

※別に聞いた訳ではないから、想像ですよ※

人気があって、売れている芸人さんにはお笑いの才能があると思います。
ただ、本人としてはこう思うでしょう『”才能”なんて言葉だけ片付けてほしくない』と。

彼らはお笑いが「好き」で人を楽しませるのが「好き」だから、
他の何もかもを捨てても「好き」なお笑いをやって、やってやり通した。
『自分にはこれしかない』とやりきったんだと思う。

そこまでやったから、今の成功があるんだろう。

そこまで「好き」な事はなにか?

ビートたけしさんの様に、人生のどの部分を切ってもコメディアンである。

後世に伝えられるような役者さんも、人生全てが役者って感じですよね。

全力で物事に取り組みたいと思った時、
今の仕事・私生活に疑問を感じた時に、
こんな質問をされました。

「自分が年をとって、寿命を全うした時の事を思い浮かべて見てください」

「あなたの葬式にどんな人が来ていますか?」

「その人たちはどんな顔であなたを見ていますか?」

「その人たちはあなたをどんな人物だったと言っていますか?」

 

働き方改革を進める企業、複業を認める企業が増えてきている中、
サラリーマンとして生活のための仕事をしながら、
「好き」なことを仕事にする選択肢も出来ました。

「好き」なことを仕事にして、結果を出しますか?
それとも、嫌なことかもしれない仕事を続けますか?

 

仕事にしたい好きなことを探したいあなたには、
Read for Actionの読書会をおすすめします。

Related post

  1. 倫理学んで半年の僕が万人幸福の栞について感じてることを棚卸し

  2. 動く人は作れないけど、人が動く環境は作れる

  3. 休憩中に働くことの何が悪いの?

  4. ITエンジニアの仕事は無くなるのか

  5. 新しい事でもないのにどうしてここまで言われ続けるのか?

  6. デジタルに頼りすぎると弱体化!?

  7. 私が会議を嫌いなワケ

  8. 「使う人がいないものを作る」事が退職を考えさせた

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.