こんなに動くアバターならZoomに参加させたい

前回、3DアバターをLuppet使って動かしてみました。
Webカメラで表情、顔の向きを追いかけてくれたり、
LeapMotionで手の追従があって、『結構動くアバター』って感じました。

記事の中ではLuppetと3teneだけ挙がっていますが、
そこにいくまでにFaceRigやVカツ、VRChatも触っています。
VR空間までいらないけど、手ぐらいは動かしたいな。って要望にLuppetが合っていたということでしょうか。

アバターを動かして、動画を撮って、終わりでも良いのですが、
Zoomとかにも使えたら…

LuppetアバターでZoomに出席してみよう

できました!

結果から書くと、上の動画の様にできました。

Zoomでもこんな風に喋りたい の記事でピクチャーinピクチャーの画を作るために導入したOBS Studioが既に入っていた為、すぐにできた。

以下はOBS StudioとOBS VirtualCamが導入済みを想定しています。

Luppet → OBS Studio

  1. OBS Studioのソースにゲームキャプチャを追加する
  2. ①のゲームキャプチャのウィンドウにLuppetを指定する

OBS Studio → Zoom

  1. OBS Studioのメニュー “ツール” → “VirtualCam”
  2. VirtualCamの設定画面で[Start] ※良く使うならAuto Startにチェック
  3. Zoomのビデオ選択でOBS-Cameraを選択

これで、部屋を偽装することだけでなく
Talkerも偽装することが可能になりましたね。

背景画像を変えるのであれば、Luppet、OBS Studio、Zoomそれぞれで変えられます。
3Dアバターの背景画像を変えるのであればLuppetで設定するのが一番良いでしょうね。

スライド資料 + アバターの様なPinP映像を作るのであれば、
OBS Studioでソースを組み合わせてやるしかないかな。

マシンスペックはそれなりに…

いままでZoomのみ、またはZoomとパワポで使用していたのと比べると
PCのリソースは使います。
ソフトウェアではLuppetとOBS Studioが動いている。
Luppetの3Dアバターの描画とか、LeapMotionの処理ではグラフィックボードのリソースも使うので誰でもできるとは思いませんが、そんなに敷居は高くないと思います。

Related post

  1. Zoomでパワポスライドを見せながら

  2. 3Dモデルで何かしてみたい

  3. Zoomでミーティングをやろう

  4. Zoomの画面共有の挙動について考える

  5. Zoomの背景を動画にしてみる

  6. Zoomでもこんな風に喋りたい

  7. 研修、ワークショップに使える「ブレイクアウトセッション」とは?

  8. Zoomのビデオ設定をおさらい

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

スポンサーリンク

最近の記事

アーカイブページ

スポンサーリンク