明確なゴールがくれるもの

NLPコーチングや、各種ワークの中ではゴール設定というプロセスが含まれています。
どんな状態になりたいのか?何を手に入れたいのか?と言うのがゴールです。

例えば”仕事でもっと評価される様になる”とか、”家庭がもっと明るくなる”とかもゴールです。”幸せになる”もゴールですね。

そして、設定したゴールを手にした事がわかるように、詳細に言語化するというプロセスもあります。
この詳細に言語化するプロセスがゴール設定において一番重要で、これをやらずにゴール達成はありえないとさえ思うので、その理由について書いていきます。

「幸せ」を手に入れたらわかりますか?

ゴール”幸せになる”について詳細に言語化してもらうために、こんな質問をします。
「『幸せ』を手にいれたってどのようにしてわかりますか?」

多くの人はこう答えると思います。
「そんなの『幸せ』を感じたらわかるよ」と。
そうなんです。
なればわかると思います。

だけども、その『幸せ』に向かって進む事はできないでしょう?
『幸せ』には誰が必要なのか?どんな所にいると『幸せ』を感じるのか?
1回でもその状態になれば幸せだと感じるのか?
それともある程度の周期でその状態になる事で感じるのか?

これらを言語化することで、『幸せ』に必要なものに注力する事ができる様になると思いませんか?

大谷翔平が活躍し続けるように

プロ野球入りする前は二刀流なんて絶対上手くいくわけない。
なんて言われて、今も大リーグで二刀流で活躍している大谷選手ですが、
高校時代に書いていた目標達成の為のチャートも一時有名になりましたね。

彼は(彼の高校時代の監督は)ただ「8球団からドラフト一位指名をとる」と目標を掲げただけでは達成出来ない事を知っていました。
だから、ドラフト指名を得るために必要なモノ・コトとそれらを手に入れるための方法を考え、実行する事が出来たのです。

もしも「8球団からドラフト一位指名をとる」というゴールだけを設定して、その状況を詳細に考える事をしていなければ、色々と無駄な努力を繰り返していたり、不要なモノを大切にしてしまったのではないでしょうか。
その結果、指名球団は減り、順位は下がり、今の二刀流の活躍もなかったかもしれませんね。

ゴールの詳細は簡単ではない

大谷選手のチャートを見て、”書くのに時間が掛かりそうだな”と思ったかもしれませんが、
ゴールを詳細に言語化するのは、結構時間が掛かります。

それは、日常的に意識している目標・希望が抽象的だから。

ゴールを達成したってどのようにしてわかりますか?
何が周りに見えますか?
どんな音や声が聞こえますか?
どんな感じがして、それを体のどこで感じますか?

こんなことを聞かれても良くわからないし、
なんでこんな事を言語化するの?って思うかもしれません。
「達成すればわかるよ」って言いたくなるかもしれません。

でも本当にそのゴール達成したいのですか?
早く一直線にゴール達成したくないですか?

であれば、詳細に語れるように頭と感覚を使っていきましょう。

Related post

  1. どうして”失敗”と決めてしまったのか?

  2. 引っ張り上げるコーチングは気をつけてください

  3. 頭の中も定期的に整理整頓

  4. コミュニケーションに自信が持てません

  5. 上司によるコーチングは効果を出しにくい

  6. 感情は何に結びついている?

  7. もう半分?まだ半分?

  8. 一人で? or みんなで?

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.