何をしたいのか?ではなく何になりたいの?

私が主催するコーチングやファシリテーションの場で『目的』や『意図』というものを大切にしています。
今回はその『目的』について書かせてください。

ビジネスや私生活において『目的』を明確に持っていないと、
手段が目的にすり替わってしまったり、行動がブレブレになることが多く、
そういった行動は他の人から安心感や信頼感に欠ける行動に映ってしまいます。

何になりたいのか

目的を明確にするのにこの質問が一番良いと思うのですが、
「あなたは何になりたいのですか?」

答えは職業や役職ではありません。
仕事や私生活を通して人と接していく中で「○○の様な人」
○○にどんな言葉が入ると嬉しいのか、そのために100%以上の力を使えると思える言葉は何か。
と言うことです。

これが決まるとそうなるためのこれらがおのずとわかってきます。

  • 価値観
  • スキル・能力
  • 行動
  • 環境

必要な事がわかれば、そのために何をしていけば良いのか?と考え、行動していきますよね。

○○がわかっていない人は目の前に必要そうな物事が出てくると飛びついたり、
逆に必要なものを見逃してしまったりしてしまいます。

 

さて、あなたは何になりたいですか?

その○○はどんな価値観を持っていますか?

そのあなたはどんなスキルや能力を持っていますか?

そのあなたはどんな行動をしているでしょうか?

そのあなたはどんな場所にいて、どのような人達に囲まれているでしょうか?

 

何になりたいのか?○○見つかりました?

見つからなかった・わからなかった。という方や、出てきたけど合っているのか不安という方は
コーチングセッションで探していく事もできますので、お声がけください。

 

Related post

  1. 「自分の人生」を始めていこう

  2. 「いつか使う」は今要らない

  3. 自己重要感を満たす

  4. モチベーションへ影響する4つのこと (1/2)

  5. 読書に『目的』を立てて効率を上げる

  6. 誰かを変えようと努力しても変わらないのはなぜ?

  7. モチベーションへ影響する4つのこと (2/2)

  8. こだわりの道具はありますか?

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.