古くなったマウスホイールを取り替える

皆さんこんにちは。
今日はPC用のマウス。 Logicool MX Master 2Sのマウスホイールを交換していきます。

Logicoolのマウスは長いこと使って来ています。
手の収まりと機能、保証期間内であれば新品交換をしてくれるメーカー対応が好みです。

MX Master 2Sのマウスホイールのゴムが劣化して、溶けているのか潰れているのか?という状態になりまして・・・
サポートに問い合わせましたが、保証期間が過ぎていたので自力交換。
交換用パーツはAliexpressから購入しました。
2週間程で手元に届いたので、早速交換です。

このマウス、自動で高速ホイールに切り替わるギミックがついているので、
交換用マウスホイールも何やら色々くっついています。

裏側ネジ6本取り外し・・・が!

左右のマウスソールの下にネジが隠れているので、マウスソールを剥がして…
プラスネジ4本と、トルクスネジ2本を取り外します…あれ?

持っていたトルクスドライバーで回せるだろうと高を括っていましてが、1サイズあってない。
ドライバーを買いに走ることになりました。

トルクスビットサイズが合わない!?

トルクス T5(ヘックスローブ T5)ドライバー

トルクスネジ2本とプラスネジ4本を外せば、この様に
マウスを開けることができます。
(何箇所か爪で嵌っているので注意)

上から順番に取り外し

マウスホイールAss’yを取り外す為には、いくつか取り外していく必要がありそうですね。

バッテリーホルダーを取り外します。
※ケーブルは付けたまま

ボタンスイッチがマウントされている基盤を取り外します。
※フレキは付けたまま

マウスホイールAss’yを固定しているプラスネジ2本を取り外して、

新しいマウスホイールAss’yを取り付けて行きます。
ホイールのセンサー部分がガイドの役目も負っているのか、場所決め楽ちん。

新しいマウスホイールに交換

後は外したときと逆で

  1. 基盤取り付け
  2. バッテリーホルダー取り付け
  3. マウス閉じる
  4. マウス裏蓋のネジ取り付け
  5. マウスソール貼付け

とやって完成。

ホイールだけ新品に変わった MX Master 2S

使った時間とお金

開けてマウスホイールの交換して、閉める。だけだったので
正味15分で作業完了しました。

交換用のマウスホイールも600円程で変えたので、
15分と600円で交換と言いたい所なんですが、

トルクスドライバーを買って帰るまでに45分。
トルクスドライバー(T5)が400円だったので…

作業時間…1時間
交換費用…1,000円

でマウスホイールの交換ができました!

1号プラスドライバーとT5サイズのヘックスローブドライバーがあればできるので、マウスホイールが汚くなったなぁと感じたらやってみるのはいかがでしょうか?
(保証期間内の場合はオススメしません)

このマウスを買い換える事考えたら十分安いよね?
バッテリーやスイッチには問題が見られないのでもうちょっと使っていこうと思います。
スイッチがチャタリング起こしたらスイッチ交換すれば良いし…

コメント