彼を知り己を知れば百戦殆うからず

自分の事は知ったつもりになってしまい、多くの場合で彼を知る事にだけ力を入れてしまう。
結果、危うい勝負になっていたり、敗戦を喫していたり…

職場でのコミュニケーションの話です。

 

数年前まで話をする(仕事の指示をする、仕事の報告をする)時は結論から述べる。論理的に組み立てる。だけで足りると思っていました。

でも、ダメなんですね。

同じ話をしていてもAさんにはしっかりと伝わるけど、Bさんには違った伝わり方が多い。とか
Bさんは話のポイントずれるなぁとかがあって、原因(特にBさん)は何があるのかを知ろうとした。

でも、AさんやBさんを知る前に自分自身のコミュニケーションの特徴を全く知らなかった事に気づかされた

Related post

  1. 失われた信頼を回復する

  2. 「ありがとう」はなぜ難しいのか?

  3. なぜコピーの原稿を忘れたのか?

  4. コミュニケーションに自信が持てません

  5. 原因追求か解決志向か?

  6. 消費税引き上げとキャッシュレスは別だろう

  7. メラビアンの法則の誤解

  8. 苦手な上司との関係をどうやって良くしてくか?

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.