彼を知り己を知れば百戦殆うからず

自分の事は知ったつもりになってしまい、多くの場合で彼を知る事にだけ力を入れてしまう。
結果、危うい勝負になっていたり、敗戦を喫していたり…

職場でのコミュニケーションの話です。

 

数年前まで話をする(仕事の指示をする、仕事の報告をする)時は結論から述べる。論理的に組み立てる。だけで足りると思っていました。

でも、ダメなんですね。

同じ話をしていてもAさんにはしっかりと伝わるけど、Bさんには違った伝わり方が多い。とか
Bさんは話のポイントずれるなぁとかがあって、原因(特にBさん)は何があるのかを知ろうとした。

でも、AさんやBさんを知る前に自分自身のコミュニケーションの特徴を全く知らなかった事に気づかされた

Related post

  1. Don’t think,    feel!

  2. こんなところに齟齬が

  3. 偽キャンペーンの拡散

  4. ノートPC復活しました

  5. “話し合い”を上手くするコツ

  6. “話し合い”がまとまらない理由

  7. 2018年 あけましておめでとうございます

  8. なぜコピーの原稿を忘れたのか?

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

スポンサーリンク

最近の記事

アーカイブページ

スポンサーリンク