色々なサービスを連携してくれるIFTTT(イフト)知ってますか?

ホームページや、ブログ記事
FacebookやLinkedInやTwitterやInstagram・・・・・・

情報発信ツールは1つだけでなく、
複数を併用している方は少なくないのではないでしょうか?
かく言う私も、このブログとFacebook、Twitter、Instagram、Youtubeと色々と使って
情報発信、コミュニケーションを取っています。

そうしているとこんな事思いませんか?
「複数のサービスに投稿するのはコピペでも手間だー!」と

そんな方に私が最近使い始めたIFTTTってサービスをご紹介します。

IFTTT

IFTTT(イフト)という連係の為のサービスです。
『IF(もしも)This(入力)Then(があれば)That(出力する)』と言うのが名前の由来らしい。

何かブログ記事を投稿したら、いくつかのSNSに投稿する。とか
GPS情報が指定の場所になったら○○する。とか
Facebookの写真をDropboxに保存する。
Gmailにこのメールが届いたらSNSに発信する。なんて事も可能

起点となるサービスの種類はなんと450種類以上。
連係先となるサービスも400種類以上に対応しているそうです。

Google HomeやAmazon echoなどのスマートスピーカーにも対応しているので、
そちらと連係させるともっと面白いことができそうですね。

IFTTTを使う

IFTTTを使うにはIFTTTのアカウントを作成する必要があります。
メールアドレスでIFTTTアカウントを新規作成する事もできますが、
FacebbokやGoogleのアカウントを使ってIFTTTサービスも使えるので、
既に該当サービスを使っている場合は簡単に始められますよ。

パソコンから使う場合はIFTTTのWEBページから、
スマホからは同じくWEBページか、スマホアプリから使えます。

アカウントを作るか、ログインができたら
どのサービスとどのサービスを連携させるかを設定させていきます。

”設定難しそうだな”って思いました?
紹介する理由が、連係する事で楽になるから知って欲しい。っていうのと
皆が良く使うサービスの連携は非常に簡単だから。知って欲しいなんですよ。

IFTTT連係設定

連係設定が簡単な理由。
誰かが作ってくれた連係設定(レシピ)を使うだけでほぼ済むから。

Instagramに投稿したら、twitterにも写真付きで投稿するような設定をやっていきますね。

  1. [Search]って入力欄に”Instagram Twitter”と入力
  2. Tweet your Instagrams as native photos on Twitterをクリック
  3. [connect]ってボタンをクリックして、各SNSアカウント情報を入力

一度SNSアカウントを登録しておくと、
他のレシピを有効化する時には聞かれないので
もっと簡単に連係できる様になります。

楽できるところは楽をして、情報発信力を高めていきましょう。
「これとこれの連係をしたいんだけど・・・・・・」と考えている方はIFTTTを検討してみてください。

面白い連係レシピなんかがあればコメントなども是非。

Related post

  1. ウェブサイトのSSL化進んでいますか?

  2. Zoomの背景を動画にしてみる

  3. GASをWebアプリ化させる

  4. 質問の答えが返ってきません

  5. iPhoneをPC外付けカメラとして使う

  6. Gmailの下書きを自動で作る

  7. 9年間使ってきたATOKを辞めます

  8. ホームページにカードっぽいものを置いてみよう

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

スポンサーリンク

最近の記事

アーカイブページ

スポンサーリンク