読書量と年収と人間関係

本読んでいますか?読書習慣ありますか?最後に読んだビジネス書はいつで何の本でしたか?

読書習慣と年収の関係についてのお話ですが、読書量ともう一つが年収に関係あるという事実をご存じでしょうか?

読書家=高年収

10年くらい前からデータが出ていますね。
漫画や雑誌を除いてどれだけ書籍にお金を掛けているか、年収との関係。

年収800万円を超える人達は書籍に月約3,000円使っていましたが、
年収800万円未満で400万円以上では約2,500円、年収が400万円未満は2,000円未満でした。

さらに・・・
雑誌「プレジデント」によると年収1000万円を超える人達は読んだ本や内容について
話す相手がいることが記載されています。

目的を持って本を読んで

じゃあ、毎月2,000~3,000円分本買って、読んだ感想を誰かに話していれば年収があがるのか?
というとそうではないですよね。

昨日さあ、「SHOE DOG」って本読んだけど、
成功したから本まで出せただけで、同じ事やって失敗する人もいるよね。

とか

「鬼速PDCA」って本知ってる?
やっぱりPDCAって大切だよ、自分たちもPDCA意識して行こう!

なんて話しているうちは上がるわけが無い。
そう思いませんか?

その本から何か1つでも実践すること、活かすことを具体的に取り出す。
この本にはこう書いてあり、著者の考えはこうだろう。では私は(私たちは)何が出来るだろうか?
きっちり考えることが出来るまで読む必要があると私は考えています。

出席すれば満足ですか?

読書とちょっと違いますが、セミナーとか勉強会とかにお金払って出てるのに

面白かった、勉強になった。

具体的にどのあたりが?

これは自分たちでは実行できない内容だったね。

大企業の実践を中小企業が真似できるワケないでしょ。
実践した内容、それをやろうとしたきっかけ、試行錯誤のアプローチ等々部分的に使える箇所はいっぱいあるでしょ。

こういう人達が新しい提案をしても「それは知っている。効果ないと思うよ」なんてやってもいないのに否定するんだ。

何か1つでも、実践できる事を見つける。活かせることを見つける。
そういう姿勢で出席して欲しいです。

閑話休題

読書の話に戻りましょう。

一方は
ただ情報を目で追っている本読みをして、「なんか難しいこと書いてあったな」という感想しか言えない読書をしています。

対して、
”1つでも実践するものを得る”という気持ちで、本を読み、
「著者の考えはこうだと思った。それに対して私はこう考えた。実際こんなこともあったし、、、だから明日から○○をやるよ」
と言うことができる読書をしています。

どちらも書籍にお金を掛けた金額は同じで、話す相手もいるとして、
どちらの方が年収上がりそうですか?

 

後者の方が上がりそうではないですか?

読書会という選択肢もどうぞ

読書の習慣つくりたくても、周りの人と違う事したくないし・・・
本の内容について話す相手なんかいないなぁ・・・

Read For Actionの読書会を選択肢の1つに入れる事できないでしょうか?
1冊の本を読んで1つ行動を決めて、参加者全員実践して行こう。
自分たちが行動することで未来が変わることを信じて、全国でリーディングファシリテーターが読書会を開催しています。
リーディングファシリテーター自身も、本や行動することで変化を実感している人達が多いのでよい経験になると思います。

皆で年収1,000万円超え目指しましょう!

Related post

  1. 「結果」を出すための読書会

  2. 読書会オープニング動画を作りました!

  3. なぜ今読書会なのか?

  4. 10年後のキャリアを考える読書会ーレポ

  5. 8分で本を読む読書会

  6. 副業に何を求めるのか?

  7. 「自分の人生」のために嫌われるのはあり?

  8. 人生100時代を考える読書会

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.