自由なバカとはどんなバカ?

○○と煙は高い所が好き
○○と鋏は使いよう
○○のひとつ覚え
○○正直

と色々な慣用句がある単語。

関西と関東で意味あいが少し違うとも聞いた事があるのですが、
SNSの普及でその境は無くなってきたのかな?

年明けて1月9日にリードフォーアクションの読書会を開催します。
テーマは「自由なバカ」
課題本は堀江貴文さんと西野亮廣さんの共著「バカとつき合うな」です。

本に関してのレビューは既にUP済みですので、読んでみてください。

リードフォーアクションで読んでいきます

「読書会」
と聞くとどんなことを想像するでしょうか?

  • 課題本を読書会までに読んできて感想を言えるようにする
  • 本の文章を朗読する
  • 数十分黙々と本を読む
  • 著者の考えを話し合う

リードフォーアクションの読書会ではこれらの事はありません。

  • 本は未読状態でOK
  • 本を開く時間は合計でも10分未満
  • あなたの考えを話し合う
  • 他の参加者の話を聞いて理解を深める

「未読状態で、しかもそんな短時間で話せるの?」
「本と関係ない事を話しするの?」
「本を読まないのに”読書会”って言えるの?」

そんな不安を感じているかもしれませんね。

大丈夫です。
本を開く時間は短いのに、読書会の後は本の感想を話すことができますよ。

1人で普通に本を読むよりも、長く話す事ができますし、
覚えていられる期間も長くなります。
これらはエピソード記憶を活用するプロセスが
リードフォーアクションの読書会に含まれているからだと推測できます。

エピソード記憶を活用した読書会

と言うと記憶術でも入っているのか?と思うかもしれませんが、
そんな大層な事はありませんし、記憶に自信がなくても大丈夫です。

エピソード記憶を使って覚える方法は

  • 体験を通して学ぶ
  • 学んだ事を使う
  • 学んだ事を話す

そして、覚えた事を強化するためには「反復」する事が大切です。

そして…
リードフォーアクションの読書会は

  • 「読書会に参加」するという体験がある
  • 繰り返し、考えて話す機会がある

ので、エピソード記憶として定着されやすいプロセスになっています。

覚えるための読書会ではありません

一般的な読書よりも記憶に定着されやすい。という特徴がありますが、
覚えるための読書会ではありません。

リードフォーアクション(Read for Action)はその名の通り、
アクションを起こすための起点の読書会です。

そのアクションは
・考え方を変えていく
・言葉を変えていく
・周りを巻き込む動きをする
・あなたの周りの世界を変える

アクションです。
読書会後も長く本の内容を覚えているのも、このアクションを行っているからだと考えます。

リードフォーアクションの読書会ってどんなの?

  • ほとんど本を読まないで話す
  • ほとんど読んでないはずなのに、本について話せる
  • 1人で本を読むよりも、多段的視点で発見がある
  • 今必要な気づきに集中して学ぶ
  • 覚えたもの気づいたものを活かすために行動していく

そんな読書会だと考えて開催しています。

今回の「自由なバカ」について、または「バカとつき合わない」と言うことについて、
どのような気づきや経験が出てくるのか?
楽しみにしています。

Related post

  1. 読書量と年収と人間関係

  2. あなたは準備をして木を切る木こりですか?それとも・・・

  3. 「未来から求められる私」に変わりたい方は他にいませんか?

  4. 人は嫌な事を避けるために強いモチベーションが生じる

  5. 成功するために『目的』を立てる

  6. 読書に『目的』を立てて効率を上げる

  7. 人生100年時代になると『資産』はどうなるの?

  8. 何をしたいのか?ではなく何になりたいの?

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.