Gmailの下書きを自動で作る

仕事でもSNSやWEBシステムが拡がってきていますが、
まだまだ電子メールの出番は多いですね。

手軽に送れるメールですが、宛先間違えに気をつけたり、
件名にルールがあったりする場合に一文字ずつ確認したり・・・
頻繁に作るメールだと、この数秒~数分が勿体ない!

と思ったらどうするか?
『自動化できないか?』となりますよ・・・ね。

私はGmailを使っているのでGmailの下書き作成を自動化する方法をちょっと調べてみました。

今回のゴール

あらかじめ決められた宛先、cc宛にメールを作成し、下書きに保存する。
メールの件名は”作成日”+”_送り主名_”+定型文とする。

1アクションでこれができる。Gmailの下書きに保存されていたら楽できそう。
ちょっと改良すれば、1週間分を1アクションで作ったりもできそうですね。

使う物

プログラミングはGoogle Apps Script(GAS)で書きます。
PCからだけではなく、スマホや他の端末からもGmail下書き自動化を利用したい。と言うのと、
GmailAppを利用すればGmail下書きが作成できる。と言うのがわかったので、
ライブラリ参照とかせずにGmailAppを利用できるGASを選択。

あとはGAS自体がGoogleのアカウント使って作成・実行しているので、
同じアカウントなら認証云々要らないってのも理由です。

エディタも実行もWEBサーバー上で完結するので、
ローカル環境に何も用意しなくていいのも楽です。

GASの編集・実行はググる かググる と出てくるページをご参考に。

コードをどーん

下書きを作成しているのが15行目の”GmailApp.createDraft”で、
宛先や本文は固定値なのでリテラルで記述しています。
日付の文字列化もUtilライブラリが用意されているので利用してあげると
20行も書かずにできてしまいました。

実行する度に、Gmailに下書きが作成されます。
調子に乗って実行していると、下書きを消す作業に追われる事になりましたが、
宛先設定と件名設定は間違えないでGmail下書きが作れるようになりました。

次回は、
繰り返しと条件分岐を加えて、1回の実行で複数の下書きが作成されるようにしてみます。

Related post

  1. ScrollMagicが想定外の所で発火してしまう

  2. SeleniumとVBAでChromeを操作する

  3. Webページを自動操作してみた

  4. ウェブサイトのSSL化進んでいますか?

  5. 色々なサービスを連携してくれるIFTTT(イフト)知ってますか?

  6. 自動Gmail下書き作成で1週間分メール作成

  7. ZOOMでクロマキー合成使って差別化を狙う

  8. GASをWebアプリ化させる

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.