質問は脳にとって○○だった

コーチングをするにあたり、「質問」はとても重要な要素です。
質問が飛んで来ると、脳はどんな反応をするのかは、こちらの投稿からご覧頂けます。

で、これを一言で表すのがこうでは無いかな?
というのが今日のタイトルです。
○○は一体何だろうか?と考えながら読んで頂けるとありがたいです。

コーチはクライアントとイメージを共有したい

カウンセリング・コーチングで、こんな質問をします。

「望ましい状態【ゴール】は何ですか?」
「【ゴール】が達成されたことは、どのようにしてわかりますか?」
「【ゴール】が達成される事は、あなたにどんな意味がありますか?」
「【ゴール】が達成されたあなたには、更にどんな可能性がありますか?」

「望ましく無い状態【問題】はどんな状況で起こりますか?」
「それ【問題】は誰が居て起こりますか?」

扱う課題によって当然質問は変わりますが、
これらの質問はコーチである私が、クライアントと同じイメージを共有するために行っています。

特に【ゴール】イメージの共有は大切な事と位置づけてやらせてもらっています。

たまに、こんなコーチもいるようなので、気をつけてくださいね。

興味本位での質問をするコーチ

問題を具体的に詳細まで聞こうとする

興味本位での質問が多くなるのは【問題】の状況でしょうか。

軽い問題であれば、クライアントも話せるのでしょうけど、
重い問題(昔からの人間関係や、特定の人物への恐怖など)は話したくないですよね。
「言える範囲で良いです」と言われても、「どんな感じがありますか?」とか聞かれると、
脳は探しにいってしまいます。

厄介な事に、クライアントの方が「思い出したくない!」と言っても
脳が探してしまうので、嫌なイメージが浮かんできてしまいます。

「質問」は脳にとって・・・

命令

NLPのトレーナーの方がこの様に表現されていました。
それだけ強制力があるものだと認識して使って。と。

質問は脳(無意識)にとって命令である。

その事を知っているだけで、カウンセリングやコーチングの場面での質問の大切さを意識できると思いますよ。

Related post

  1. 一人で? or みんなで?

  2. 日本人に物を売る

  3. 上司によるコーチングは効果を出しにくい

  4. もう半分?まだ半分?

  5. 感情は何に結びついている?

  6. 明確なゴールがくれるもの

  7. 常に最高の状態で対応できたとしたら?

  8. 相手の反応があなたのコミュニケーションの成果

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.