メラビアンの法則の誤解

0857168cb795a9912769929d5d168ff6_s

コミュニケーションについて調べると「メラビアンの法則」というものが出てきます。

この法則は間違って理解されていたり、数字だけが一人歩きして誤解されたりします。

メラビアンの法則

言語:聴覚:視覚 = 7:38:55

この数字が一人歩きして”コミュニケーションには視覚=見た目が大事”と言われます。

または

”話の内容よりも見た目が重要”と言われます。

が、間違いです

メラビアンの実験

そもそも、この法則は『ある状況でのコミュニケーションにおいて、聞き手は話し手のどの要素で本心を判断するか』というものを調べる実験で求められたものでした。

 

どのような状況か

視覚、聴覚、言語から得られる情報がそれぞれ矛盾している場合

 

つまり

笑顔で、悲しげな声で、説教されている場合は多くの人が、笑顔から話し手は楽しんでいると受け取る。というものです。

眉間にシワを寄せた顔で、明るい声で昨日あった驚いたことを話されている場合は、怒っているのか機嫌が悪そうだと受け取る。というものです。

言語は7%ではない

少なくとも視覚・聴覚・言語が矛盾していない場合は、言語つまり言葉はそんなに軽視されません。

電話でのコミュニケーションでは視覚情報がなくてもコミュニケーションができますよね。

メールやブログではそのほとんどが文章=言語ですが、その内容は相手に伝わります。

 

「この記事のタイトルはなんだったでしょうか?」

 

 

と書けば、「何だったかな・・・」と考えたり、タイトルを確認してくれる人が居るでしょう。

 

7%しか伝わらないから言葉・文章は重要ではない。とはなりませんよね。

 

メラビアンの法則を活かす

”話の内容よりも見た目が重要”は間違った理解ですが、

視覚・聴覚・言語が一致していない状態で相手に伝えると、伝えたい内容が伝わらない可能性があります。

 

言葉を選んだのであれば、その言葉にあった声のトーンや大きさ表情や身振りも一致するように選んで、
相手に伝えたい内容を100%伝えられるようにしましょう。

Related post

  1. 「ありがとう」はなぜ難しいのか?

  2. なんのためにそれをやるのか?

  3. 人は”理由”によって動かされる

  4. 一人で? or みんなで?

  5. “話し合い”を上手くするコツ

  6. こんなところに齟齬が

  7. 質問の答えが返ってきません

  8. 彼を知り己を知れば百戦殆うからず

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

スポンサーリンク

最近の記事

アーカイブページ

スポンサーリンク