間違いだらけの「和を以て貴しとなす」

「和を以て貴しとなす」(わをもってとうとしとなす)

とある調べ物をしていた時に目が止まった言葉です。

もとは聖徳太子が制定した十七条憲法の一文らしいですね。

前の職場に似たような社是があったなぁと思い出しました。

結構、「和=調和=波風立てない」ように使われていましたが、元々の意味は少し違うようです。

間違いだらけの「和」

昔ながらの組織社会で、こんな感じで使われていませんか?

上司の言うことに黙って従っておけ。
声が大きい(物理的ではないですよ)人の意見にならえ。

その場ではそれで良いかもしれませんが、それで何になるのでしょうか?

とあるプロジェクトを進めていくことを想像してみましょう。

 

ある日の朝、突然会議室に集められた数人のメンバー達。
そこに少し遅れて上司が会議室に入ってきます。

上司はプロジェクターで、ある資料を映し出します。
そこには来週から始まるプロジェクトの内容と、体制、スケジュールがありました。

「これで進めます。質問があれば言って。」

説明もうやむやな状態で終わり、上司はこう言い放ちます。

意見をするとカドが立ち、「和を乱さないで!」と叱責されるのを知っているメンバーは何も言わず会議は終わりました。

さて、来週からのプロジェクトは無事に終わることが出来るでしょうか?

始まりでは小さな不満だったかもしれませんが、
時が経つにつれてその不満が大きくなり、後戻りできない状態になっているでしょうね。

不満をぶつけあう事が「和」

和」の精神とは、体裁だけ取り繕ったものではなく、自分にも人にも正直に、不満があればお互いにそれをぶつけ合い、理解し合うということが本質ではなかろうか。

引用(故事ことわざ辞典)

聖徳太子が制定した意味としては、カドを立てるな、仲良くやれ。

ではなく、

満足していることも、不満なこともぶつけ合って、理解し合って進めていこう。らしいですよ。

全然違っていませんか?

不満、間違いを受け止められるか?

仕事の進め方などで、不満や間違いを受け止められますか?

(人間性に対しての不満は受け入れられなくて構いませんよ)

これを可能にするには少なくとも2つが要素が必用ですね。

  1. 目的が同じである
  2. 信頼・尊重できる

1つ目の「目的が同じである」
個々の目的ではなく、
全体の目的意識が統一されていて、皆がそれを第一としている事。

きっちりと明文化するか、言葉で発しておくことが大切ですね。

「言わなくてもわかるだろ」は言わなかった側の怠慢でしかありませんよ。

2つ目の「信頼・尊重できる」
信頼・尊重できる相手でなければ、
その人の意見はどれだけ正しくても、フィルターが掛かって入ってきてしまいます。

逆に、信頼・尊重できる相手であれば、
その言葉が多少きつくても受け入れることはできますよね。

信頼・尊重はあったのか?

少し戻って、先ほどのプロジェクトの発表の場面を思い出してみましょう。

上司とメンバーの間で信頼・尊重はどれほどあると思いますか?

また、どのあたりを変えれば良くなると思いますか?

 

 

Related post

  1. 一方通行の社員評価は止めてしまえ

  2. 環境が人に及ぼす影響

  3. 「この商品は在庫ありません」で終わらないで

  4. 質問です。「あなたの会社はこの本を読むことを勧めてくれますか?」

  5. 会社のマネージャーの役割ってなんなの?

  6. 主観的人事評価がムダな理由

  7. 知識創造社会で生き抜く組織とは

  8. 見えていない情報なんて意識できない

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.